Feather / Nujabes 解説付き和訳

良訳が見つからなかったのでうp。

nujabesの2作目、Modal soulより一曲目のfeatherです。

ユセフ・ラティーフのLove Theme from "The Robe"のピアノをループさせたサンプリングがとにかく美しい一曲。

サンプリングを調べるうえで必須なサイト、who sampledの評価の高いサンプリングランキングでは20位です。 Top Rated Samples | WhoSampled

名曲がたくさん載ってるのでサンプリング元との聞き比べなんかもしながら目を通してみてください。

あとこれはMPC2000でトラックを一から作った動画。見るたびにMPCが欲しくなる...。

見てわかる通り慣れてしまえばトラック作りは難しくないんですよね。

MPCシリーズがラップないしヒップホップに与えた影響は推し量れないです。

www.youtube.com

 

この曲では文学作品からの引用が多く見られるので、この機会に図書館へ足を伸ばしてみたらいかがでしょうか。

f:id:jaazzyy:20210712171021j:plain

Feather / Nujabes (Feat. Cise Starr & Akin from CYNE)    (2005)

 

 

[Cise Starr:]

Light as a feather when I’m floating through

宙を舞う羽のように軽く浮かぶんだ

Reading through the daily news

今日のニュースを読んでいく

Measuring the hurt within the golden rule

ゴールデンルールで人の痛みを測りながらね(ゴールデンルールとは人からされたいことを人にしようというもの)

Centimetres of ether, I’m heating the speaker

数センチのエーテルで話す人を温める(エーテルは揮発性の液体。燃料や麻酔として使われる)*1

Motivational teacher with words that burn people

元気な先生は人を燃え上がらせる言葉を言うんだ

Seeing the headlines lined with discord

不協和音の並ぶ見出しを見る

It’s either genocide or the planet in uproar

書いてあるのは虐殺か地球の災害だ(uproarは直訳すると大騒ぎ。文脈から自然災害と思われる)

Never good. The rules of paradise are never nice

良いことなんてない。楽園のルールも良かったことなんてない

The best laid plans of Mice and Men are never right

どんなに練っても計画が上手く行くなんてことはない*2

I’m just a Vagabond with Flowers for Algernon

俺はアルジャーノンの花束を持った浮浪者さ*3

An Average Joe who knows what the fuck is going on

何が起きてるかは知ってるただの太郎*4

It’s the hope of my thoughts that I travel upon

俺の希望の思考が旅をする

Fly like an arrow of God until I’m gone, so I’m

俺がいなくなるまで神の矢みたいに飛ぶんだ、だから俺は-(arrow of Godはアフリカの有名な作家Chinua Achebeの小説のタイトル)

 

Drifting away like a feather in air

空を舞う羽のように漂うんだ

Letting my words take me away from the hurt and despair

俺の言葉で俺を痛みや絶望から遠のけさせる

So I’m keeping it vertical forever elevator

だから俺は垂直の永遠のエレベーターを守る

Riding the escalator to the something that is greater, so I’m

もっと素晴らしいものへのエスカレーターに乗る、だから俺は-

Drifting away like a feather in air

空を舞う羽のように漂うんだ

Letting my soul take me away from the hurt and despair

俺の言葉で痛みや絶望から俺遠のけさせる

So I’m keeping it vertical forever elevator

だから俺は垂直の永遠のエレベーターを守る

Riding the escalator to the something that is greater

もっと素晴らしいものへのエスカレーターに乗る

 

[Akin:]

Taking chances, word tap dancing with wolves ,In an ice arena out there,

氷のアリーナで、チャンスを掴んで狼と言葉のタップダンスをする*5

In an ice arena out there, deep in the woods of Arizona, the sun be high, life’s ironic

アリゾナの深い木々の中、太陽は高く昇る 人生は皮肉だな

Ain’t trying to be Dalí when I write surreal life

シュールを表現するときにSalvador Daliになろうとは思わない*6

I paint it vivid, habitat crazy insane

俺は鮮やかに描く-、故郷、変人、狂気を

Watch the propaganda six o’clock news and it’s saying

18時のニュースのプロバガンダを見ている、って言っている-

Cultures clash, for black folk and white trash

黒人さんと白人野郎の文化の衝突

They revel in the cyberspace that might crash, dash

クラッシュするだろうテクノロジーに人は夢中なんだ(PCや携帯のこと)

To millennium a million miles of running

1000年もの100万マイルもの旅をするために

At the speed of now back, don’t return gunning

人のもとへ戻る速度で、銃は手に取らずに

Rambo style, gung ho child gunning

ランボーのスタイルで、ガキは銃を撃つのに夢中(ランボーは戦争映画の主人公。子供が暴力的になっていることを危惧している)

Ammo blao two times loud stunning

銃撃音、2回の激音が驚かせる

Stunning, when I hit ya, lift you off the Earth like

驚かせる、もし君を撃ったら地球から打ち上げるみたいに-

Ayo, take you right back to birth and

君を誕生へと連れ戻そう(生まれ変わりのことを指している。実は仏教を中心とした東洋でしか見られない考え方)

Niggas wonder why, they might wonder why

みんなは何故なのか不思議がるだろうが

This shit might happen but it does, they go

起こりうるクソは起こるんだ

 

[Cise Starr:]

Drifting away like a feather in air

空を舞う羽のように漂うんだ

Letting my words take me away from the hurt and despair

俺の言葉で俺を痛みや絶望から遠のけさせる

So I’m keeping it vertical forever elevator

だから俺は垂直の永遠のエレベーターを守る

Riding the escalator to the something that is greater, so I’m

もっと素晴らしいものへのエスカレーターに乗る、だから俺は-

Drifting away like a feather in air

空を舞う羽のように漂うんだ

Letting my soul take me away from the hurt and despair

俺の言葉で痛みや絶望から俺遠のけさせる

So I’m keeping it vertical forever elevator

だから俺は垂直の永遠のエレベーターを守る

Riding the escalator to the something that is greater

もっと素晴らしいものへのエスカレーターに乗る

 

Treat you better than me, cause that’s the heavenly key

君を自分より大切に扱うんだ、それが天国的なカギだから(ヴァース1のゴールデンルール)

To unlock the inner strength where my essence will be

僕の本質が宿る内側の強さを解錠するためのね

It’s the knowledge of self, understanding of the things around me

それはつまり自分にまつわる知識と周りを理解することなんだ

That becomes the wisdom that I need

これが僕の必要とする知恵さ

Living this life to the best of my ability

僕の持つ能力のベストの為に生きている

Channeling energy to my thoughts into your symmetry

僕の考えを君と調和させるために交信をしてる

Remember me, because my prose remain gold

僕のことを覚えていてくれ、僕の散文には金になる価値があるんだ

I got the gift of gab like them pimps in Kangol

カンガルーでカッコつけてる奴らみたいに俺には話のセンスがある(カンガルーは帽子ブランド)*7

It never ends, I keep it ruling like a cypher

永遠と続くのさ、ラップをモノにして韻を踏むのをやめないんだ*8

The first caveman bringing fire

原始人は火を使い始めたが

Innovating and higher; to blast mistakes I raise the stakes

俺も新たな火をもたらし高めるんだ、失敗を吹き飛ばすために俺は賭けに出る

It’s double or nothing in this vaccuumless space

2倍か0かさ、この空白のない空間でね

I will, survive, divine the time to cry

俺は生き残り、泣く時を判ずる

Fuck a hold or hide, I’m alive with pride

逃げたり隠れたりはクソだ、俺はプライド共に生きている

And I drove the Chevy to the Levee

そしてシボレーに乗って土手に行くが

But the Levee was dry, singing “This will be the day that I die”

土手は乾ききっていた、 This will be the day that I dieって歌おう*9

 

Nujabes – Feather Lyrics | Genius Lyrics

Feather by Nujabes feat. Cise Starr and Akin - Samples, Covers and Remixes | WhoSampled

*1:また前の行のMeasuringとCentimetresで言葉をかけている。エーテルにはエタノールの代替として飲まれていた歴史を持つが死にも関わる程度に健康に悪い。

*2:plans of mice...は元ネタは小説のof mice and menのことわざ的言い回し

*3:of mice and menも浮浪者の物語。”アルジャーノンに花束を”は有名な小説。

*4:joeは日本語で言う太郎のように特徴のないありふれた名前の例として用いられることが多い。実在するジョーのことを指していない限り太郎と脳内変換していい名前。似たような言葉でまたJohn doeも名無しの権兵衛に変換していい。

*5:狼は論争になる話題をすると物理的に噛みついてくる人の比喩。今までマルコムXのような何人もの革命家たちが暗殺されてきた。

*6:シュールレアリスムを探求した画家。

シュルレアリスム - Wikipedia

*7:pimpにはポン引きなどの意味があるがそこからワルとしてのカッコいいという意味にも派生して今は使われている。gift of gabは天から授かった喋りの才能、賜りものといった意味

*8:cypherには暗号という意味のほかにフリースタイルのラップというスラング的意味もある。先述のgift of gabによってcise starrは永遠とフリースタイルしていられると言っている。

*9:色々と複雑な引用。This will be the day that I dieはDon Mcleanの曲、American pieより引用。この曲は”音楽が死んだ日”とも言われる50's,60'sに活躍した3人のアメリカの偉大なミュージシャンが飛行機事故で亡くなったことに対する別れの歌。Don Mcleanが悲しみを歌ったように、Ciseもまた何かに対する歌を歌っているように思える。土手とは何を表すのか、何を悲しんでいるのかは聞き手の想像に任せられている状態。